MACの独り言

MAC-MRD開発秘話など。。
<< Gemma250 ! | main | ADDRESS V125 >>
加速騒音試験 vol.8
0
    先日行われた加速騒音試験を受験させた

    Gemma用M-DRAGBW'S用EVシリーズの正式結果で〜〜す。

    250ccクラス
    (加速走行騒音規制値82db 近接排気音規制値94db)


    Gemma M-DRAG 加速走行騒音 74db 近接排気音 90db

    125ccクラス
    (加速走行騒音規制値79db 近接排気音規制値90db)

    BW'S 125用EV-003 加速走行騒音 76db 近接排気音 87db

    と言う事で…。

    余裕〜、余裕〜!


    Macさんちではいつもマフラーの開発をする際、まずは完全ストレート構造

    でダイノにて音量規制値を無視した状態でその車両がどこまでPOWERが出る

    かを見極め、そのダイノのPOWERカーブから下回らない様に音量規制値を

    クリヤーさせる為の構造物をエキゾーストやサイレンサー内部に設計

    していくスタイルをとってます。


    開発中に面白い事も発見できます。

    音量度外視FULL-POWERストレート構造仕様のマフラーのPOWERカーブより

    音量規制値を意識した構造物を装着した量産型のマフラーの方が

    低速域〜中速域でのPOWERカーブが綺麗に出るんです。

    もちろんピークPOWERは完全ストレート構造と比較しても変わりません。


    Macさんちがスクーター用マフラーを世に出してから約12年

    その間、もちろんスクーター以外の車両のワンオフマフラーなども

    手がけてきましたが、殆どのスクーターで使われている単気筒のエンジンの

    方がPOWERを出すのに苦労しました。

    単気筒って難しい…。(笑)


    ここまで12年、しっかりと単気筒エンジンのマフラーで内部構造などを

    勉強させて頂きまた品質等にもこだわりぬいて参りました。


    そこで2010年からは新たな挑戦&ステップUPとしてMacさんちでは

    大型排気量用マフラーの量産も手がけて行きたいと思ってます。


    皆様があっと驚くようなマフラーをデビューさせる事が出来ると

    思いますので応援宜しくお願いします。


    まずはジャンルとしてMacが好きなネイキッド


    MacRZ世代!

    ネイキッド全盛の時代の人なんです。(年齢バレバレ)


    今年もMacさんちのマフラーを支持して頂いたお客様には大変感謝

    しております。


    来年2010年からは新たなMacさんちの挑戦を見守って頂ければと思います。


    あっ、ちなみに年末は28日まで通常営業しています。

    MacさんちのアドVの試乗をご希望される方は気軽にお越し下さい。

    | 加速走行騒音試験 | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE